とある講師のホンネ

フリーの講師。国・数・英・理を指導中。東大卒。現在は家庭教師中心ですが、大人の文章教室なども開いています。

コスパの良い人生とは

何度も書いてますが、私は人生に「コスパ」という概念は一番そぐわない、と思っています。(これまた何度も書いてますが、かの養老孟司先生も「究極のコスパは今すぐ死ぬこと」と仰ってます。)

 

でも、あえてその流行に乗るとしたら。

コスパの良い大学」とは、昔のMARCH、今なら日東駒専な気がします。

ここで言うコスパは、稼ぎとかそういうことではなくて「日々、幸せを感じられる確率が高い」というイメージです。

偏差値は高けりゃいいってもんじゃないといいますか。

 

持って生まれた地頭が突き抜けていて東大いかないともったいないとか、本人が勉強オタクだとかならいいんですけどね、東大目指しても。

 

「上」に行けば行くほど、「話が通じる相手」が減るんです。

もう、本当に孤独(笑)。

 

社会に出たら「手加減」をしないと「東大生の話はわかりにくい」と非難されますから、東大生同士ならツーカーな話を常に相手にわかるようにかみ砕いて話さなければいけない。この「常に」っていうのが、かなりのカロリー要するんです。はっきり言わせてもらえばストレスです。東大卒で民間就職してうまくいってる人はたいていこのスキルを身につけていると思います。でも、考えたら「なんでこっちばかりが努力しないといかんのだ」という疑問は湧きますね。

 

学問が好きで東大行った子は、そのまま大学残って研究者目指したほうがいいよ。

 

「少しでも高ヘンサチの大学!」と焦っている親御さんたちに言いたい。

本人が学問オタクなら突き抜けさせればいいけど、そうじゃないなら、そこまで東大京早慶コースはパラダイスではないですよ。

日々の幸せ、って、おそらく「ボリュームゾーンにいる人たち」が一番感じられるんだと思う。これまた「隣の芝生は青い」かもしれないけどね。でも、超一流と言われる会社に入っても東大生は少数派で早慶の方が幅をきかせてますし、普通の会社だったらそれが早慶日東駒専の関係になるんじゃないかな。

会社だけじゃなくてね。

「わかるわかる~!」が言い合えるのはボリュームゾーンだろっていうね。

勉強に限らずどんなジャンルでもトップ層は孤独です。

 

浮きこぼれ」の子は、そりゃ御三家に行った方が楽に息ができると思うけど。

 

これまた何度も書いてますが、学歴による年収の差なんて誤差ですよ。

それまでに費やした時間とお金も考えたらね。

 

家庭教師やってみて良かったなと思うのは、「とてつもない家に住んでるご家庭」は、先祖代々の富裕層であって、有名大学に入ったくらいであの生活が手に入るわけではないとわかったことですね。

それを肌身で知って、「セレブをいいなあと思う気持ち」が雲散霧消しました。

自分自身は、高学歴が欲しかったのではなく、勉強オタクゆえに東大目指したわけですから大満足ですし、いまでも勉強が好きでしかたがないので自分の来し方をまったく後悔はしていませんが。

 

まあ、何が言いたいかと言うと

勉強が好きなら一番行きたい大学を目指せ

勉強が好きではないなら、そこまでやらなくても十分幸せになれる、だから中受偏差値40くらいで子供にキーキー言わなくても大丈夫だよ

ってことでしょうか。